妊娠中の歯列矯正は基本的には可能。ただし注意点も。

女性なら誰でも可能性のある、矯正治療中の妊娠。

矯正治療は歯を動かす時期だけでも2~3年の期間を要します。

そのため、その間に結婚や妊娠、出産の時期が重なってしまうことはそれほど珍しいことではありません。

出典:HOW TO MARRY

その時、矯正治療はどうすればいいのでしょうか。

ここでは、その時の注意点や対処法をご紹介します。

正しい情報を知り、安心・安全な矯正ライフを過ごしましょう!

治療は基本的には可能。

まず結論からお話しします。

妊娠中でも、矯正治療を続けることは基本的に可能です。

妊娠中のお腹

しかし何点か注意すべき点があります。

どうぞ参考にしてください。

注意すべき治療内容とは

レントゲン撮影

矯正治療中、レントゲンを撮影することがあります。

出典:ベビスマonline

矯正歯科でレントゲンを撮影する場合、撮影頻度の最も多いものでパノラマ撮影が挙げられますが、その際のレントゲンの線量は極めて少なく、おおよそ0.03mSv(ミリシーベルト)です。

これは、日本国内で日常生活をおくるだけで年間に被ばくする線量1.1mSvの約40分の1程度です。

さらに矯正治療におけるレントゲンの照射部位は口もと周辺であり子宮から遠く離れていることから、胎児への影響はほぼないと言われてます。

とはいっても妊娠中は母体や胎児への影響が気になってしまうもの。

心配される方が妊婦さんが多いのことは医師も把握しており、撮影することに消極的になりがちです。

可能であればレントゲン撮影は控えておくのが無難かもしれませんね。

麻酔

抜歯や歯科矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)を埋入するときのように、矯正治療おこなうにあたり、局所麻酔を行うことがあります。

妊娠 矯正 歯列 抜歯 麻酔

局所的な麻酔で、使用する量も非常に限られているため、胎児に及ぼす影響がある可能性は少ないと考えられています。

しかし麻酔薬の中には血圧の上昇やそれに伴い子宮の収縮を伴うものもあります。

また妊娠初期の場合、わずかな量の麻酔であっても胎児に悪影響を及ぼす可能性はゼロではありません。

妊娠中、麻酔を行う処置は控えておくことをおすすめします。

抗生物質や痛み止めなどの薬

抜歯などの処置に伴い、抗生物質や痛み止めが処方されます。

薬にもよりますが、こちらも妊娠中は胎児に悪影響が及ぼされる可能性が考えられます。

麻酔と同じく、お薬の服用は控えていただくのが無難でしょう。

虫歯や歯周病にもご注意を。

ホルモンバランスの乱れで歯周病リスクが増加

妊娠中は女性ホルモンの一種であるエストロゲンが多く分泌されます。

それに伴って歯周病菌が増殖し、歯肉炎や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

虫歯のリスクも増加

歯磨き不足になりやすくなる

つわりがひどい場合、歯ブラシを口の中に入れただけで気持ち悪くなってしまう人もいます。

また、歯磨き粉の味や匂いで気持ち悪くなってしまう人も。

その場合、どうしても歯みがきが不十分になってしまい、磨き残しが増えてしまいます。

食事の回数が増え、口の中が酸性になってしまう

子宮が大きくなってくると胃が圧迫され、一度に食べられる量が少なくなってきます。

そのため食事の間隔が短くなり、口の中が酸性になる時間が増えてしまいます。

その結果、歯が酸にさらされて虫歯が増えてしまうのです。

唾液の分泌量が減ってしまう

唾液の分泌量が減ると、酸が流されなくなってしまい自浄作用が働かなくなってしまいます。

その結果、虫歯になりやすくなってしまいます。

妊娠中のお口のケア対策とは。

妊娠性歯肉炎に対する特効薬的な対策はありません。

状況に応じ、一つ一つ丁寧に対応していくことが大切です。

歯磨きが難しい場合

・歯ブラシを入れると気持ち悪くなる場合、ヘッドの小さな小児用の歯ブラシを試してみる。

・歯磨き粉の味や匂いが気になる場合、歯磨き粉を無臭タイプのものを試す、あるいは使用せずに歯磨きする。

・どうしても歯磨きが難しい場合はうがいを多くしたり、洗口液を使用するなどして対応し、体調のいい時にしっかりと歯磨きするなどして口の中を清潔な状態に保つ。

食事の回数が増え、口の中が酸性になっている時間が長い場合

・食事の回数が増えるようなら、せめて飲み物は麦茶などにする、食事の間に飴は舐めないなどしを心がけ、口の中が酸性になる時間が増えないようにする。

唾液の分泌量が減っている場合

・唾液の量が減っているようなら、キシリトールガムなどを咬み、唾液の分泌を促して口の中の自浄作用を高める。

などです。

それでも虫歯や歯周病になるようなら

矯正歯科に相談し、装置を一度撤去することも検討してみましょう。

保定装置(リテーナー)を入れるなどの対応は必要になりますが、口の中の環境は少なからず改善するはずです。

対応方法はクリニックによって異なります。

まずは相談してみましょう。

 

このカテゴリーの関連記事