あっという間に終了!?前田敦子さんの歯列矯正事情とは。

出典:ORICON NEWS

前田敦子さんプロフィール

前田敦子さん(通称あっちゃん)はAKB48の元メンバー。

卒業後の現在は歌手兼女優で活躍中ですよね。

略歴

2005年、14歳の時にAKB48オープニングメンバーオーディションを受け、見事合格。

なんとこの段階ではダンスと歌のレッスンが未経験との事。

元々の才能がすごいのか、あるいは秋本さんが前田敦子さんの中に光るものを見出したのでしょうか。

メジャーデビュー

その後2006年シングル「会いたかった」でメジャーデビュー。

この時にはすでにセンターを務めていました。

その後もAKB48の絶対的エース、不動のセンターと呼ばれ大活躍。

AKBがブレイクしてからもグループの中心的存在のまま、2012年『前田敦子卒業公演』をもってAKB48を卒業しました。

卒業後

AKB48時代にもドラマや映画に出演していた前田敦子さんですが、卒業後は念願だった女優業に進み 、「もらとりあむタマ子」や「毒島ゆり子のせきらら日記」などで注目を集めました。

 

以前歯列矯正を開始したと噂が!?

そんな前田敦子さんですが、卒業後の2015年9月頃に矯正治療をしている、という話が出ました。

どうやらテレビ番組の『おしゃれイズム』にコメントで出演したときに上の前歯に矯正装置をつけており、それが話題になったようです。

これだとちょっと分かりづらいですね。

そこで当時の前田さんの公式ツイッターから探してきました。

おおっ、確かに装置がついています!!

、、、やっぱり分かりづらいですか?笑

ということで拡大してみました。

明らかに矯正装置がついてますよね。

 

矯正治療の期間を探ってみた。

しかし、その後前田敦子さんの矯正治療に関する情報が入っていませんでした。

そこで画像で確認してみました。

2016年3月

半年後の2016年3月。松田龍平さん主演の映画「モヒカン故郷に帰る」の上映会に登場した時の写真です。

あれ??

装置が外れています!

治療期間、ずいぶん短いですね。

もう少しさかのぼってみてみましょう。

2015年大晦日

大島優子さんとの一枚。

話題になってからわずか3か月。

この時でも既に装置が外れています!!

ひょっとして話題になった時よりもかなり前から矯正装置をつけていたのでしょうか。

2015年6月

話題の3か月前。水曜歌謡祭に生放送で出演した時です。

なんとこの時にも装置はついていません。

2015年8月

こちらは話題になったわずか1か月前。やはり装置はついていません。

 

結論。前田敦子さんの矯正装置の治療期間は。

前後の装置のついていなかった時期から考えると、装置がついていたのは長くても3か月といったところでしょう。

ひょっとすると2~3日でもおかしくないかもしれませんね。

 

なんですぐに終了したの?

通常矯正治療はそんなに短期間で終わるものではありません。

ではなぜすぐに装置を外したのでしょうか。

・装置がつらくてすぐに外した

・仕事が忙しくて通院できそうになかったから

・事務所的にNGだったから

・お試し的な感じでつけてみた

など、いろいろなことが考えられそうですね。

 

そもそもどんな歯並びなの??

元々はどういった歯並びだったのでしょうか。

一度確認しておきましょう。

上の前から2番目の歯や、舌の前歯がねじれています。

叢生(歯の凸凹)の一種と言っていいのではないでしょうか。

 

当然上のねじれている歯は治らず

あまりに治療期間が短かったためか、上の歯でねじれている歯はその後も改善されてないように見受けられます。

 

しかしそれ以外に気になる点が。

、、、下の前歯のねじれがない?

どういうことでしょう。

こちらの画像をご覧ください

下の前歯に隙間がありますね。

 

検証

もしかして一本少ない!?

他の写真でも検証。

確定はできませんが、やはり1本少ないように見えます。

上の前歯の治療ができなかった分、下の前歯だけでも治療したのかもしれませんね。

このカテゴリーの関連記事