クドカンが歯列矯正の歌を作詞!?

クドカンこと宮藤官九郎さんが矯正治療の歌を作詞?

『宮藤官九郎さんが矯正治療のことを歌にした曲を作詞した』

そんな噂を聞きつけたので、早速調べてみました!

宮藤官九郎さんといえば

 

・『木更津キャッツアイ』や、『タイガー&ドラゴン』、『あまちゃん』、最近では『ゆとりですがなにか』などを脚本

・『少年メリケンサック』などの映画を監督

・SMAPの『BANG!BANG!バカンス!』や子供向け番組みいつけた!の『グローイングアップップ!』などを作詞

・他にも舞台で活躍したり、ラジオ番組の担当をしたり、俳優もこなしたり、、、

今一番マルチに活躍している人と言っても過言ではないでしょう。

 

そんな宮藤さんが作詞した曲のタイトルは

そんなマルチプレイヤーの宮藤官九郎さんの作詞した曲名は、『あの娘俺が歯列矯正したからってあんな顔するとはな』

グループ魂というグループが歌っています。

あれ、、、?どこかで聞いたような、、、?

グループ魂って?

劇団大人計画に所属する俳優たちが1995年に結成したロック・バンド。

クドカンはギターと作詞作曲を担当

メンバーは破壊ことボーカル担当の阿部サダヲ、暴動ことギターと作詞・作曲を担当する宮藤官九郎、バイト君ことハーモニカの村杉蝉之助の3人が中心になっています。

活動当初は楽器を使い音楽を奏でながら漫才をする、コントグループとして活動していました。

元来コント・グループゆえ、音楽演奏とMC、ギャグや下ネタを含むコント、シュールなドラマなどを一体化させたパフォーマンスが特色。

経歴は

・2002年にアルバム『Run魂Run』でメジャー・デビュー。

・2005年にNHK『第56回紅白歌合戦』出場!!

  どこかで聞いたことがあるのは、この紅白歌合戦に出ていたからかもしれませんね。

・2011年には初の日本武道館公演を達成。

・2015年7月、20周年記念アルバム『20名』をリリース 

など、現在も忙しい中で精力的に活動しています。

 

まとめ

そういえば、宮藤官九郎さんの前歯はかなりの叢生(凸凹した歯並び)ですよね。

自身が歯並びのことを話題にされていることも、歯列矯正のことを作詞したことと関係があるのかもしれませんね。

あと、グループ魂のオフシャルウェブサイトをリンクしました。

興味のある方はご覧ください!

このカテゴリーの関連記事