値段と費用

歯列矯正治療が(値段・費用が)高い!

歯並びはいつになっても気になるもの。

そのため歯列矯正をしたい、と考える人はたくさんいます。

しかし、その際に一番のハードルになるのはやはり費用面の問題なのではないでしょうか。

パッと金額だけを見ると、確かに高いですよね!

 

「矯正治療をするの?だったら少なくとも100万円はみておかないとダメよ」なんてアドバイスをもらって矯正相談にいらっしゃる方も少なくありません。

なぜ高いのか。その理由についてはいずれ別のブログでお話しします。

 

今回は、大まかに考えておくべき費用についてご説明します。

ただ、あくまでも歯列矯正は基本的に自費診療。クリニックによって幅がありますので何卒ご了承ください。

矯正相談・検査・診断の費用

治療が始まるまでにかかってくるのが上記の3つの費用です。

合計して3万円~7万円程度になることが多いですが、ほとんどのクリニックのホームページに書いていますので、そちらを参考にしてください。

 

次が今回の話の大事なところです。

費用の大部分を占める「装置代」です。

装置による費用の違い

矯正治療では使用する装置によって費用が異なります。

メタルブラケット

歯の表側に金属製のブラケットをつけて行う矯正治療です。

基本的には最も安価に治療を受けることができる方法です。

問題点はやはり見た目でしょう。

審美ブラケット

メタルブラケットと同じく、歯の表側にブラケットをつけて行う矯正治療です。

セラミック製のものが多く、メタルブラケットと比べ高価になることが多いようです。

他にもプラスチック製のものやジルコニア製など、様々なものがあります。

事前に確認しておくとよいでしょう。

裏側矯正

歯の裏側にブラケットをつけて行う矯正治療です。

表側のメタルブラケットや審美ブラケットよりも高価になります。

マウスピース矯正

文字通り、マウスピースのようなものをつけることにより歯を動かすという矯正治療です。

費用は表側の矯正より高く、裏側の矯正よりも安くなることが多いようです。

まとめると、、、

以上のように、装置によって金額は変わってきます。

→矯正治療費用ガイド 東京版

まとめると概ね

メタルブラケット<審美ブラケット<マウスピース矯正<裏側矯正

のようになります。

ただ、これはあくまで大まかな目安です。

実際には矯正治療は自費診療ですので、必ずしもこうなるとは限りません。

治療の難易度によって費用が変わるクリニックも

最近は、治療の難易度によって費用が変わってくるという料金体系のクリニックも出てきています。

そのため、『実際に矯正相談に足を運んでみないと金額が分からない』といったことも多いようです。

地域によっても相場は異なる

実は、地域によって矯正装置の費用の相場は異なります。

基本的には、大都市圏(特に東京など)に行くほど費用が高くなります。

人件費やテナント代のことを考えると、これはある意味当然かもしれません。

逆に田舎でも、競争の原理が働かず費用が高い、というところもあるでしょう。

 

ただ、安ければいいというものでもないのが矯正治療。

逆に安すぎるクリニックは一度疑ってみるというのも手かもしれません。

実は国立大学病院はどこでも費用は同じ

意外かもしれませんが、国立大学の附属病院で矯正治療をしている場合、基本的に料金体系は同じになっています。

地域の相場と比較して、場合によっては大学病院を選ぶというのも一つの方法です。

ドクターX第1シリーズのロケ地、芝浦工業大学豊洲キャンパス

抜歯も自費診療

矯正治療のために行う小臼歯などの抜歯は自費診療です(保険診療で抜歯すると、混合診療と言って罰則の対象になります)。

通常は全く問題ありませんが、費用はクリニックによって多少変わってきます。

念のため、抜歯をする前に一度費用を確認しておくと安心です。

費用の一部が戻ってくる裏技!?医療費控除について

歯列矯正は咬み合わせの改善を目的とした場合、医療費控除が適応になります。

自身で申請をする必要があるので手間はかかりますが、一度検討してみることをお勧めします。

最後に

他のブログでも書きましたが、とにかく「矯正歯科専門のクリニック」での受診をお勧めします。

確かに費用面では一般歯科での矯正治療の方が安いことも多く見受けられます。

しかし、「安かろう悪かろう」になってしまうと結局は将来的に口の中の健康面も問題はもちろん、いろいろと費用がかかってしまって結局は安物買いの銭失い。

高い買い物になってしまうことも。

 

クリニック選びは重要なポイントです。

間違えずに後悔しない矯正ライフをお過ごしください!!