なんで八重歯になっちゃうの??

海外の人にはさんざん酷評される八重歯ですが、そもそも八重歯ってどういう歯並びなのでしょうか。

八重歯とは?

八重歯とは、叢生(そうせい)といわれる不正咬合の一種です。

犬歯、あるいは糸切り歯といわれる、前から3番目の歯が歯ならびの列から外側にはみ出し、他の歯と重なって生えている状態です。

八重歯 叢生 原因

叢生の原因は

そもそも叢生とは、永久歯(おとなの歯)が生える際に必要なスペースが足りずに歯並びの列からずれて生えることによって生じることがほとんどです。

ではなぜスペースが足りなくなってしまうのでしょう。

1.歯が大きい

歯が大きいと、顎の骨の中で並びきることができないのでスペースが足りなくなってしまいます。

2.顎が小さい

顎が小さいと、歯の大きさが普通でも並ぶ隙間が足りなくなってしまいます。

 

ここまでの1と2は歯とアゴの大さのアンバランスという意味では同じ内容です。

それ以外のパターンとして、

3.乳歯(子どもの歯)が早くに抜けてしまった

子どもの歯に大きな虫歯ができ早くに抜いてしまうと、奥の歯が手前に動いてきてしまいます。

その後に生える歯は、その分生える隙間が足りなくなってしまいずれた位置から生えてしまいます。

 

 

ではなぜ八重歯が多いのか

犬歯は他の歯に比べて永久歯が生え始めるタイミングが遅い事がよくあります。

↓ 八重歯になる可能性の高い状態(レントゲン)。犬歯が一番最後に生えそうです。

八重歯 パノラマ レントゲン

また犬歯は、子どもの歯と比べてかなり大きなサイズをしています。

すると犬歯が生えるときには生える隙間が足りず、結果として比較的高い確率で八重歯となってしまうのです。

 

いかがでしょう。

八重歯になる理由は分かりましたか?

そもそも叢生は日本人に一番多い不正咬合(「最新不正咬合ランキング!1位はあの歯並び。」をご参照ください)。

少しでも八重歯になりそうだと感じたら、早めの矯正歯科専門のクリニックに相談しましょう。

このカテゴリーの関連記事