歯磨き

矯正治療中は歯磨きが大事

どのような矯正装置を使用していたとしても、矯正治療期間中は虫歯リスクが高まってしまいます。

そのため、いつも以上に歯磨きを熱心に頑張る必要があります。

綺麗な歯並びを目指して始めたはずの矯正治療。

治療が終わったら虫歯だらけ、なんてことにならないようにしましょう!

出典:DMM英会話blog

不正咬合の人は虫歯になりやすい

そもそも不正咬合がある人の場合、正常咬合の人と比べると虫歯リスクの高い状態にあります。

まずは不正咬合のタイプ別に、虫歯になりやすくなる原因を見てみましょう。

不正咬合のタイプ別、歯磨きのポイントは

叢生の場合

歯並びが凸凹しているため、歯ブラシだけでは毛先が届かない場所ができてしまいます。

そのため、タフトやフロスなどの補助清掃用具を使う必要があり、歯磨きにも時間がかかってしまいます。

↑デンタルフロス

空隙歯列の場合

空隙歯列だと、食事の際に食べかすが歯と歯の間に挟まってしまいます。

また、通常の歯磨きの方法だと歯と歯の間汚れが残りやすく、歯間ブラシなどの補助清掃用具による歯磨きも欠かせません。

↑歯間ブラシ

上顎前突、上下顎前突の場合

上顎前突や上下顎前突の場合、前方に突出している歯が原因で口元が閉じにくくなってしまいます。

そうすると、口の中が乾いてしまいます。

つまり唾液によって虫歯菌が出した酸が洗い流す洗浄効果が期待できなくなってしまい、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。

開咬の場合

開咬の場合、前歯で咬めないことにより食べカスが歯に付いたままになってしまいがちです。

そのため、虫歯になりやすくなってしまいます。

装置のタイプ別、虫歯リスクのとらえ方

取り外しできない装置の場合

取り外しできない装置の場合、装置の周囲など、歯ブラシの毛先が届かない場所が治療前よりも増えてしまいます。

そのため、装置の種類に応じた歯磨きの仕方、補助清掃用具が必要になってきます。

取り外し可能な装置の場合

取り外し可能な装置の場合、一見それほどリスクが高くないように感じるかもしれません

しかし、そんなことはありません。

装置をつける前に歯垢をしっかりと取り除いておかないと、歯と装置の間に挟まった歯垢を栄養にして虫歯菌が活躍し放題になってしまいます。

しかも虫歯菌が出した酸を洗い流してくれる唾液の力も働かなくなってしまうため、虫歯リスクが高まってしまうのです。

矯正器具がついている時の歯磨きの方法とは?

矯正器具がついている場合、通常の歯磨きの方法とは異なる磨き方、清掃器具の選び方が必要になってきます。

別のブログでその方法を掲載していますので、ご確認ください。

マルチブラケット装置で矯正治療している時の歯磨きの方法は?

→矯正中のあなた。歯ブラシ、ちゃんと交換してますか?

→矯正治療中にも有効な電動歯ブラシはこれ!!

→歯磨き習慣の大変革!?簡単歯磨きAmabrushとは。

虫歯になってしまったら

矯正治療中に虫歯になってしまうと、矯正治療の進行に悪影響を及ぼしてしまいます。

いったん装置を外したり、場合によっては装置の作り直しが必要になることも。

そうならないためにも歯磨きを頑張りましょう!!

まとめ

いかがでしたか?

矯正治療中の歯磨きがいかに大事か、分かっていただけたでしょうか。

無事に矯正ライフを終えることができるよう、歯磨き頑張ってくださいね!!

このカテゴリーの関連記事