モデルの大屋夏南さんが矯正治療&矯正ブログを開始!!

モデルの大屋夏南さんが、自身のインスタグラムとブログで、矯正治療を開始したことを報告しました!

 

大屋夏南さんプロフィール

1987年11月10日生まれで、ブラジル出身。

父親がブラジル人、母親が日系ブラジル人2世だそうです。

3歳の頃に日本に移住し、17歳の時にモデルデビュー。

雑誌『ViVi』、『GINGER』、『GROMOROUS』、『Gina』などで活躍していました。

 

最近はあの人気映画の『HiGH&LOW』などに女優として出演し、活躍の幅を広げています。

 

公式ブログで矯正治療開始を報告!!

2017年8月16日の公式ブログで、矯正治療を開始したことを報告していました!

大屋さんは、下の前歯のガタつきがきになっていたそうです。

本当は綺麗に全部治したかったそうですが、歯並びだけでなく上下左右のズレなどもあり、全部直す場合2年かかると担当の先生に言われ、断念したそうです。

また、前歯が引っ込むと口元の印象がだいぶ変わってしまうということで、今回は一番気になるところ(下の前歯の凸凹)だけ矯正治療となったようです。

出典:大屋夏南公式ブログ

 

装置装着直後の過ごし方も!

公式ブログでは、装置をつけた直後の過ごし方や感想が細かに記載されたいました。
 
大屋さんは、装置をつけクリニックを出た直後に友人に電話したそうですが、英語がしゃべりにくいと感じたそう。
 
また、その日の夜に食事に行った際は、お刺身を噛むのも痛かったそうです。
 
よく噛んで食べることが罰ゲームレベルだったと書かれていました。
 
 
矯正経験者ならきっと気持ちがわかるのではないでしょうか。
 
こんなの本当に慣れるの?
と、誰もが思いますよね。
 
歯の痛みが強かった数日、大屋さんはクレンズジュースと冷製スープでのりきったそうです!
 
 

矯正装置の慣れ・・・

2017年8月22日のブログでは、

『鈍痛は日が経つにつれて引いていき、11日目の今日はもうすっかり痛みも無くなって、矯正器具にも慣れ、ご飯も食べれるし会話もスムーズにできるようになった』

と書かれていました。

大屋さんは矯正装置が舌に当たるのが痛くて耐えられず、友人に教えてもらった入れ歯安定剤を装置を覆うようにつけていたそうです(痛みは緩和されますが歯の動きに多少なりとも影響するので、使用は控えた方がいいと担当の先生にいわれたそうです)。

装置をカバーする専用のものも販売されているので、そちらを使用することを矯正ライフ編集部はお勧めします!

 

これからの更新も注目!

大屋さんは公式ブログ、インスタグラム、Twitterでも矯正治療について報告しているそうです。

現在治療中の大屋さんのリアルな気持ちがみえるので、皆さんも是非チェックしてみては?

矯正治療を検討中の方の参考にもなると思います。

大屋さん、今後もリアルな矯正ライフの更新、楽しみにしています!!!

矯正ライフ、是非楽しんでください。

このカテゴリーの関連記事