歯の間を削る処置、IPR (Interproximal Reduction)とは。

IPR(Interproximal Reduction)とはどんな処置?

矯正治療では時々IPR(アイピーアール)という処置が行われます。

これはInterproximal Reductionの略です。

別名ストリッピング、ディスキング、スレンダライジング、スライシングなどとも呼ばれます。

これは『歯と歯の間を削って歯を小さく(細く)する』というテクニックです。

ipr-ディスキング

歯の間にやすりのようなものを入れ、歯の表面を少しずつ削っていきます。

IPRを行う目的やメリットは。

隙間を作り、不正咬合を改善する

例えば、出っ歯(上顎前突)の患者さんの上の前歯にIPRを行い、出来上がった隙間を閉じれば上顎前突が改善(あるいは軽減)するというものです。

上下の歯の大きさのバランスを改善する

上下の歯の大きさのバランスが悪いと、しっかりした咬み合わせにすることはできません。

そのような場合、IPRを用いて上下の歯の大きさのバランスを整えます。

ブラックトライアングルを改善する

歯の形や歯茎の状態によっては、ブラックトライアングルという、歯の付け根の間が空いたような状態になってしまいます。

black-triangle

こういったときにIPRを行うと、隙間が減り、見た目がグンと改善します。

↓これが…

before

↓こうなります!

after

治療後の歯の後戻りを予防するため

IPRを行うと、隣同士の歯のあたり方がしっかりとするので、矯正治療後の後戻りの予防に役立つと言われています。

抜歯をせずに矯正治療ができるようになることも

ちょっとした叢生(歯の凸凹)の場合で条件が整っていれば、IPRを行うことによって抜歯が必要な治療のケースが非抜歯で済むこともあります。

歯を削っても大丈夫なの?

IPRは歯の表面の表面のエナメル質を削ります。

削る量は片側で最大0.25mm、両方合わせても0.5mmです。

これは1.5~2.0mmあるエナメル質の厚みの1/3以下。

そのため、問題が起きるようなことはありません。

虫歯にはならないの?

このカテゴリーの関連記事