モデル 藤井サチさんは子供のうちに歯列矯正していました!

出典:LIBERA

藤井サチさんが歯列矯正していたことを告白

先日、モデルの藤井サチさんが小学校の頃に矯正治療をしていたことを告白しました。

藤井サチさんについて

藤井さんは日本人の父とアメリカ人の母との間に生まれたハーフのモデルタレント。

ちなみに父親がルイヴィトンジャパンの元社長、母親は日本外国特派員協会の元会長と家柄もお墨付きです。

1997年生まれ、2011年、14歳の頃にスカウトされ芸能界入り。

その翌年にはミスセブンティーン2012に選ばれ、セブンティーン専属モデルに。

あれ?広瀬すずさんもいますね!!

2017年、セブンティーンの専属モデルを卒業後、その翌月にはViViの専属モデルになるなど、順調に活躍しています。

矯正治療をしていたこと告白した雑誌とは?

矯正治療していたことを告白したのは、2017年発行の雑誌『美歯Navi』。

その中のスマイルの達人!というコーナーのインタビュー記事で、次のようにコメントしていました。

「小さいころに歯科矯正していました。矯正はママが決めたんですが、当時は痛いしご飯も食べづらいしで、すごくイヤでした(笑)。でも大人になってあの時矯正しておいてよかったなとすごく感謝しています。~」

もちろんホワイトニングなど、矯正以外の歯のことについてもコメントしていましたよ!

まとめ

藤井サチさんのように、子供の頃は嫌々やっていた矯正治療をやっていたケースは多いようです。

しかし大人になってから、仕事やプライベートで役に立ったり感謝するということも多いようです。

なにより親は子どもの人生の選択肢を狭めないようにしてあげることが大事です。

その方法の一つとして、歯列矯正を考えてみてはいかがでしょうか。

このカテゴリーの関連記事